Uberがあれば海外でも迷子にならない

今更ながらアメリカで流行りのUberを体験してきました。

Uber(ウーバー)とは、
アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである

特徴としては、一般的なタクシーの配車に加え、一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ仕組みを構築している点で、顧客が運転手を評価すると同時に、運転手も顧客を評価する「相互評価」を実施している。世界では、タクシーにおいて「領収書を発行しない」「タクシーメーターを倒さず、法外な料金を請求しボッタクる」といった問題が多く起こっていることから、これらの問題を回避し、さらに車両オーナーにとって「簡単な小遣い稼ぎ」ができる点が受けている。しかし、既存のタクシー業界からの反発も根強く、訴訟や運輸当局から営業禁止命令を受けた国、地域もある。
wikipediaより

いわゆる白タク(二種免許を持っていない人が運転する素人タクシー。ナンバープレートは白)のことですね。
二種免許を保持した運転手の一般的なタクシーは緑のナンバープレートなので区別するために白タクと呼ばれています。

日本では二種免許を持たないで人を運んでお金をもらう行為は違法です。
なので日本では普及しないので知らない人には知らないかもしれません。

私は海外にはたまに行く程度で英語力もありませんので今まで白タクを使ったことはありませんでした。
海外旅行ガイドにも白タクのトラブルには注意するよう記載があります。
 ・不当な料金を請求された。
 ・伝えた行き先とは違う場所に連れて行かれた。
こんなトラブルが頻繁に起きているそうです。

そんな事情があり、怖くて今まで白タクを使っていませんでした。
かと行ってバスはハードルが高く、行動範囲が限定されていたので、それを考えると便利な世の中になりました。

スポンサーリンク

Uberがあればもう海外で迷子になることもありません。

使い方は簡単です。
アプリをインストール後し、アカウント、クレジットカード情報を登録するだけで初期設定は完了

アプリを起動し、地図上で自分の現在地が表示されます。
行き先をアプリの地図上で指定すると、近くのドライバーが表示されるので選択します。

ドライバーがきたら予約番号を見せて確認
行き先はアプリで指定してある場所がドライバーにも共有されているので伝える必要はありません

GPSで常に自分の位置が表示され、目的地までのルートも表示されているので乗っている時も常に自分の位置を確認でき、どこか別の場所に連れて行かれる心配もありません。

支払いでトラブルになることもありません。

決済はアプリに登録しておいたクレジットカードで行います。
目的地を指定した段階で金額が表示され、予約した段階で決済され、不要な料金を請求される心配もありません。

しかも料金はタクシーの半額程度になります。

タクシーも街中であれば3分くらいで来ます。夜の12時とかでもそれくらいで来ました。
街の外れだと15分くらい待つこともあるそうですが、私の場合は大抵3分で来てくれていました。

日本では法律の壁があり、なかなか普及はしていません。
一応白タクではなく、緑のタクシーのアプリ予約はできるようにはなっていますが、普及しているのは東京くらいです。
正直これがあれば車もいらないくらいです。

タクシードライバーに目的地を伝える英会話力不要!
価格を交渉する英会話力も不要!
海外旅行の強い味方です。

もちろん海外でスマホをネットに繋ぐ必要はあります。
空港でWiFiをレンタルするか海外SIMを用意します。
WiFiレンタルは事前に予約すると安くなります。
海外SIMは慣れていなければamazonとかで購入して日本で設定しておけば海外ですぐに使えます。
Uber早く日本で流行って欲しいですね。法整備して欲しいです。

今は人を運ぶだけでなく、食べ物の配達サービス「Uber EATS」なんかもやっているみたいですね。
色々楽しみです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。