楽天ふるさと納税便利すぎた。

今年分も確定申告完了しました。

昨年はコロナで大打撃受けたFXの損失申告があったのといつも通りのふるさと納税の申告です。

FXは去年の3月ごろに豪ドルが暴落しまくってて最終的に60円切るくらいまでいったと思います。そんな暴落する豪ドルさんに落ちるナイフ掴みにいって見事大怪我して参りました。


(画像は楽天証券より)

70円くらいでがっつり買ってたと思います。まさかもっと底があるなんて思わないんですよね。ここ10年のチャート見て、落ちても65円だと踏んでいたので。

で、62〜63円くらいで損切りして撤退しました。そのあと普通に80円付近まで戻ってたので自分の才能のなさには驚くばかりです。信用取引は難しいです。無限ナンピンしても地獄を見るケースもあり、損切りしたらすぐ戻ることもありと。

信用取引やるなら自分の決めたルールに従えだの損切りはさっさとやれだのいろんな話がありますが、それができればみんな億トレです。

うまくいかないケースの方が多く、たまたま運良く儲けた人が本を出したり講師をしているだけだと思います。継続的にリターンを出し続けている人は本当に稀かと。

たまたま運良く儲けた人だけでも稀なのにその中で継続的に儲け続けている人が稀にいる世界。どれだけ生き残りが厳しい世界でしょうか。

そんなFXの悲しい過去の振り返りとふるさと納税の確定申告です。

ふるさと納税の返礼品の規定が厳しくなって泉佐野市の納税にもそこまで魅力が感じなくなったので今回は楽天ふるさと納税を使いました。

スポンサーリンク

楽天ふるさと納税は楽天スーパーセールに買うのが吉

楽天スーパーセールの時期だと買うごとにポイント還元率が上がるのでその時期にやるのがベストです。

私の場合は10万円くらいふるさと納税に使うので普通のポイントバックとスーパーセールによる期間限定ポイントでがっつり稼げました。

期間限定ポイントで15000ポイントくらいでしょうか。そのポイントでさらにふるさと納税をやるという感じです。

ふるさと納税も随分種類が増えてますね。

私のおすすめのふるさと納税の使い方はやはり食品ですね。

最近は米の定期便というものがあるそうです。

今回は魚沼産コシヒカリ定期便を購入しました。

とりあえずこれで2021年は食いっぱぐれることはないでしょう。

納税ができて食費節約にもなるふるさと納税はやっぱり良い制度です。

あとは素麺ですね。保存もできて簡単に作れるので在宅勤務の味方になってくれています。

米と素麺でだいたい10万円くらいにしました。

他の贅沢食品も興味はあるのですが、必需品を買っていたら限度額に達します。

そもそも限度額の計算もサイトによってまちまちで、結婚して子供ができてからはさらに複雑になって損したくないので控えめに投資しています。

ポイントもがっつりたまるのでふるさと納税は楽天でやるのがおすすめですよ。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする