ネットワークビジネスの勧誘を受けて

久しぶりに高校の同級生から連絡が来たと思ったらネットワークビジネスへの勧誘した。
よくあるやつですね。王道パターンでした。
どっかにマニュアルでもあるのでしょうか。

友人:「経営やってる人の面白い話が聴けるセミナーなんだけど、こない?」

行く約束をして当日待ち合わせ。セミナーの前に喫茶店に連れて行かれます。

友人:「紹介したい人がいるんだよね」

もう一人登場

ビジネスの説明を始める。

喫茶店でのフォーメーションは4人席で向かいに友人とビジネスの説明者、こちら側に自分。
説明中、友人は一言も話しません。
説明を聴いたあと、セミナーへ
たくさんの人がウェルカムムード。なんかめっちゃ歓迎される。そしてめっちゃ人を紹介される。

スポンサーリンク

権利収入を得ることの大切さ

権利収入には熱い思いがあるのでしょう。
強調されていました。

セミナーの内容は簡単に説明すると

日本は不景気

会社で頑張っても何も残らない

会社以外からの収入が必要。何が良いか、ずばり権利収入

セミナー終了後、また喫茶店での話の続き。夢とか社会貢献とか色々熱い思いを聞きました。

知っている人も多いとは思いますがネットワークビジネスは「マルチ商法」です。
誤解が多いみたいですが、ネズミ講ではありません。

マルチ商法自体は違法ではないです。正しくやれば。

ここはちゃんと言っておきます。調べればちゃんと正しい法律が出て来ます。
私はやっていないので誰がどう思っていようがどうでもいいのですが。

どんなビジネスモデルか

誘われたのはNuskinという業界的には上位の会社です。
紹介制のネット通販会社で、TVCMや店頭販売をせず、ネット通販のみの販売で、利用者の口コミで商品を広めて行くというビジネスです。
CMをしない分、広告料を削減でき、商品単価を安くできるというのが売りです。

ディストリビューターに登録すると自分の購入分と自分が紹介した人(ダウンと言います)の購入分の一部を報酬として受け取れます。
これを権利収入と言っています。ダウンが優秀な代理店であれば自分は何もしなくても収入を得られるわけです。

ディストリビューターとして登録して24万円分の売り上げを達成すると代理店として昇格します。
代理店に昇格することが一つの登竜門になっています。
代理店からさらに上のランクに行くと売り上げに対する報酬の割合も高くなります。
最高ランクまで行くと月収300万とかになるそうです。

なぜ誤解が多いか

・ネズミ講っぽい
図にすると似ているだけでネズミ講ではないです。
紹介した人の成果ポイントの一部を自身も受け取れるというのはモッピーとかのポイントサイトでもやっています。

ちなみにネズミ講って言葉に対しては

ニューヨーク市場の上場企業だから大丈夫

って言われます(笑)

・月に何回か行われるセミナーへの参加を求められるのがめんどくさい(ほぼ強制)。

・強制的に買い込みをさせられたり、借金をさせられた人がいる。
確かに法律を無視したやり方や半ば脅しのような押し売りで被害を受けている人も世の中にはいるようです。
また、代理店を維持するために自分で買い込みして自滅して行く人もいるのは確かです。

被害に合わないために

流されないで自分の意思で行動することで被害は避けられるのではないでしょうか。
マイナスイメージが強いですが、ネットワークビジネスの商品が流行ってしまうと、既存のメーカーが破綻してしまいますからね。
ただ、これだけネットワークビジネスに批判的なコメントが多いと、ビジネスとして集客は厳しいと感じました。
なんせ、最初から斜めに構えられるわけで。
それでも成功している人は一部いるわけで、サラリーマンをやめて今は自由な生活を送っている方もいました。
(通帳も見せてくれました。本当に稼いでいます。)

私を誘ってくれた方はまだその領域には達していませんでしたが、周りの誹謗・中傷にも負けず頑張っていました。
成功するには確固たる決意と精神力が必要だということがよくわかります。

ビジネスをやる理由も聞けました。
いくら会社で営業成績をあげても給料に反映されない。
自分の上司の給料をみて、あまりの低さに絶望した。
そもそも給料が低くて生活できない。
仕事しないで給料だけいただく老害や窓際社員
正社員にもなれず低い給料で高い生産性をあげている人

みなさんいろんな理由でビジネスに参加しています。

セミナーの内容に関しても言っていることは同感できます。
会社以外の収入を得ること。
労働収入ではなく権利収入。
私が投資でお金に働かせているのと同じことです。
しかしサラリーマンの稼ぐ=給料というマインドセットは根強いです。
これを変えるのは難しそうですね。

私も最初のセミナー以降の勉強会等も参加しました。
ビジネスも最初はやる気でいましたが、今はやっていません。

結局は営業です。
しかも会社の後ろ盾なしの営業で、日本ではかなりイメージの悪いものとなっています。
話をしただけで斜めに構えられます。

そんな精神力はないのでやめました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。