投資の利益は確定申告が必要?会社にバレるとやばい?

投資をしてみたいけど、



利益が出た場合の確定申告はどうするのか、

給料以外の収入になるわけだから副業にはならないのか、



これらの疑問は投資をこれから始める方にとって不安材料になるのでしょう。



政府の副業解禁の動きはあるものの、未だに副業を禁止する会社が多いのが現状です。



副業に関して厳しく罰則を儲けている会社も多いのではないのでしょうか。



また、確定申告に関しても気になるところです。

スポンサーリンク

株式投資の利益は特定口座にすれば確定申告不要

証券口座を開設する際に一般口座と特定口座を開設できます。



この特定口座というのは、株式の売買益や配当金が口座に入金される際に源泉徴収分を引いて入金してくれます。



しかも損益を通算して源泉徴収金額を自動で計算してくれるので、売買の都度、税金分の徴収や還付を行ってくれます。



証券会社が税計算から徴収まで代行してもらえるので確定申告は不要になります。



特定口座の優れている点は、複数の証券口座で取引していても、証券口座をまたいで損益計算してもらえるので、複数の証券口座の取引にも使えます。



確定申告が面倒な人は特定口座での取引をオススメします。

FX、仮想通貨、先物取引等で利益が出た場合は確定申告が必要

サラリーマンの場合は利益が20万円を超えた場合は確定申告が必要になります。
(20万円を超えていなくても住民税の申告は必要です)



FXや仮想通貨、先物取引には特定口座が存在しないため、自分で確定申告を行う必要があります。



確定申告の期間は毎年2月の中旬から1ヶ月です。



国税庁HPから入力でき、印刷して税務署に投函すれば良いのでわざわざ税務署にいって申告書を記入する必要はありません。



めんどくさいかもしれませんが、確定申告は慣れておくとメリットも多いです。



投資の利益の他に、投資のために購入した書籍を経費として計上することもできます。



また、会社員の場合は会社の年末調整で医療費や生命保険保険料の支払い明細を提出し忘れた時に確定申告で申請できます。



ちなみに損した場合でも確定申告をしておくと3年間は損失を翌年に繰り越して計算することができます。

(例)
1年目 50万円損失
2年目 50万円利益 ← 1年目の損失と合わせて計算できるため税金の支払いはなし

損失だったからといって申告しないのは勿体無いのできちんと申告することをオススメします。確定申告の時期が過ぎた後でも申告可能です。

ちなみに株式の特定口座で損失が出て確定申告の時期に申告しなかった場合は後からの申告はできないそうです。

確定申告して会社にバレないのか

確定申告で支払うべき税が発生した場合は、普通徴収という支払い方法を選びましょう。

引き落とし口座を申告しておけば徴収日に勝手に引き落とされて支払いは終わりです。



サラリーマンの場合、税金は会社の給料から天引きされています。これを特別徴収と言いますが、もしバレるとしたらこの特別徴収で給料から天引きする金額が給料から考えても多いという違和感でバレるのでしょう。

そういう意味で投資の利益分は普通徴収という形で支払うのが良いです。



また確定申告していないことがバレて税務署から指摘が入った場合も会社に通達が行く可能性があります。



正直なところ大金を儲けていないのであれば未申告が税務署にバレることは無いのでしょうが、未申告のペナルティや会社にバレるリスクを考えたら確定申告はしておくことに越したことはありません。



きちんと確定申告しておけば、投資の利益は所得の区分的には配当所得や雑所得にあたることが明記されます。副業収入は給与所得や事業所得にあたるため、会社にとやかく言われることはありません。

ちなみに私の知り合いはネットワークビジネスで利益をあげていて、これは事業所得にあたるのですが、会社にはバレなかったそうです。どこで会社にバレるのかは未だ不明な点が多いです。



確定申告書の書き方は国税庁HPや検索すれば参考になるサイトはたくさんあるので書き方に困ることは無いと思います。



これから投資を始める人の不安が少しでも解消されれば幸いです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。