Tポイントで投資。クレカで投信購入。投資ブームでサービス充実

SBI証券でTポイントで投資できるようになるそうです。

SBIネオモバイル証券では、Tポイントプログラムを導入し、お客さまのお取引に応じたTポイントの付与およびTポイントを使って金融商品が購入できる「Tポイント投資」を実現します。
*SBI証券のサイト文引用

Tポイントといえば言わずと知れた巨大市場です。

ヤフーと提携して以来、Tポイントは一気に使い勝手がよくなって普及していった印象ですね。ネット上でも使えて、日常生活の決済にも使える地上最強の部類です。

Tポイントを貯めるならYJカードかファミマカードでしょうか。どちらもポイント還元率1%と高還元率カードです。

日常生活の決済に使っていればあっという間に貯まります。

最近は楽天証券に押され気味かなという印象でしたがSBI証券も頑張ってくれていますね。

2017年に楽天証券で楽天ポイントで投資信託購入サービスが始まり、楽天証券の勢いが加速していました。これからまたSBI証券が頑張ってくれるのでしょう。

一方で楽天ポイントは楽天市場でのポイントこそ貯まりやすいものの、実店舗での使いどころがいまいちだった印象があります。ただ、使いにくかった楽天ポイントも今は溜まったら投信購入という流れが確立されました。

楽天市場はヤフーショッピングに比べると規模が大きくてポイント還元率も高い、また、定期的に開催される楽天スーパーセールはよくお世話になっています。

発行枚数でも楽天カードは一番ですね。日本人なら誰でも持っているカードで、楽天カードで全ての決済を完結させている人は多いのではないでしょうか。

そしていよいよ楽天証券では楽天クレジットカードで投資信託の購入サービスが始まりました。

購入上限は月5万円で積立設定の場合のみですが、ちゃんと1%のポイントがつきます。

ポイントで1%還元というのは、楽天カードで投資信託を購入しさえすれば利回り1%保証される、という投資効率を大幅にあげてくれる画期的なサービスです。

投資は年間数パーセント程度しか儲からないので1%ポイント還元は大きくリターンに貢献してくれるでしょう。

溜まったポイントはもちろん投信の買い付けに回すのが定石です。配当金再投資と同じですね。ポイントなので非課税な分、リターンを押し上げます。

昨今の投資ブームで証券会社のサービスの向上具合が良い感じです。各証券会社の定める購入手数料は安くなり、信託報酬が安い投資信託も増えました。個人投資家には嬉しい限りです。

SBI証券のTポイント投資もどうなるかは難しいところです。

クレジットカードのポイント還元率で言えば

リクルートカード > 楽天カード = YJカード

ネット通販の使いやすさは

amazon > 楽天市場 > ヤフーショッピング > ポンパレモール

私の場合、楽天カードがメインカードで投資ではSBI証券がメインとなっています。

まだ楽天カードをメインカードから切り替えることはしませんが、この先SBI証券の頑張り次第では別カードが来るかもしれません。

個人的にはAmazonポイントで投資できるようになればクレカもメイン通販サイトもAmazonになるのですが。

Amazonが証券業やらないかな。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする