PayPayの20%還元キャンペーンも転売屋の餌に

PayPayが100億あげちゃうキャンペーンを12/4から開始していましたが、開始から転売屋が群がり早々に100億に達してキャンペンは終了しました。

PayPayとは新しい決済サービスの会社です。スマホでQRコードを読み込むか読み込ませることで会計が完了する最近徐々に浸透してきているサービスですね。

PayPayの他にQRコード決済をやっているのは、有名どころだと楽天PayやLINEPayでしょうか。今のところサービス対応している店舗がそこまで広くないので使い勝手は微妙っちゃ微妙です。

QRコード決済は中国ではもう当たり前のように使われているそうです。基本的にはチャージ式でクレジットカードからチャージできますが少しめんどくさいですね。

そんなPayPayがキャンペーンとして100億円分の還元キャンペーンをやっていたそうです。

買い物金額の20%が還元されるという大盤振る舞いのキャンペーンでしたが、先日早々に終わってしまいました。何をそんなに買うものがあったかというと転売屋さんがiPadを転売しまくっていたそうです。

PayPay対応の家電量販店ではiPadの品切れが続出していました。

なんだかなーと思いながらも、最近の世の中そういう感じですね。消費者還元サービスは消費者に還元されないという状況はどうにかならないもんですかね。

とはいっても特にほしいものはないのですが。

「お得だから」といって消費に走る人は貧乏の道に一直線です。

バーゲンだからといって買い漁っても結局は損します。必要のないものまで買ってしまうからです。私もかつてはアウトレットにいってはその後1〜2回着てタンスの肥やしになる服を買っていました。

本当に必要なものを必要な時に買うことが資産形成のために必要なマインドになります。

冬のボーナスは全額証券口座に写しました。市場の状態はよくないですが、投資は心を無にして定額を決められた日に買い付けるだけの作業です。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。