損切りが重要という教え

「損切りが重要」

多くの投資本に書かれている言葉です。

「損切りが大切」という教えの一方で「損切り貧乏」という言葉があります。

損切りをうまくやれる人は多くはいません。

仮にうまく損切りできたとしても再現性が高くないため、また手法を練り直します。

そうやって永遠とマイナスサムゲームを続けていきます。

どうやって損切りをうまくできるか?という疑問を持った時、情報商材や投資の必勝本に手を出します。

そして購入した情報商材を読み、そこにはまた知らない手法が記載れています。

試してみると最初はうまくいきますが、だんだん再現性が下がっていきます。

そうやって同じことを繰り返します。

損切りが重要

そんな教えが投資をギャンブルにしているのではないでしょうか。

確かに投機的な投資スタイルの場合は損切りは重要です。デイトレや仕手株がそれに当たります。

これらはズルズルとポジションを持ち続けるより、さっさと損切りして次のチャンスに備えるというスタンスですね。

実際にガンガン損切りして利益を上げている人は一握りです。

ほとんどの人は負けてしまいます。

スポンサーリンク

損切りとかしなくていいから

「どんなに含み損が出ても保持し続ける」と思えるものだけを買えば損切りという結論にはいきません。

信用取引やFX、CFDをやるにしても過度なレバレッジをかけた投資をやらなければ良いです。

結局、レバレッジ低めで気長に構える方が間違いなく勝てます。

短期で勝てるのは少数派です。デイトレで勝てる人はパチンコとか競馬でも勝てるのではないでしょうか。

そういう人は鉄の精神力で自分のルールを徹底できるからです。

私は最初はレバレッジを高めたデイトレをやっていましたが、今はやりません。

安定した収益が得られないのと、リスクを考えてどうしても多くの資金を投入する勇気がなく少額でやるからです。

少額で取引した時に、仮に利益を得たとしても大した金額にはなりません。正直、神経をすり減らして取引した見返りとしては割りに合わないからです。

資金があればほったらかしておけば稼げます。少額で短期トレードで得る利益くらいは何もしなくても得られます。

投資の入り口となる資金集めは労働収入がもっとも簡単です。

給料が増えても生活レベルを上げずに少しずつ貯金に回せばそんなに頑張る必要もありません。

「どんなに含み損が出ても保持し続ける」と思えるものは何なのかというと米国ETF、中でもS&P500ETFやVTIくらいしか私は知りません。

会計とかわかりません。

市場の未来とかわかりません。

個別銘柄の選定とかできません。

なので沈まないであろう国の市場平均を買えば良いと思っています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。