暴落来い!って言ってた人

米国株は高値だから買えない。暴落来い!

って言ってた人どうなったんでしょう。

お望み通り大量に買い付けできたんでしょうか。

コロナショックでダウやら日経平均が大きく下落して早数ヶ月

株価は堅調に戻りつつありますが、経済の方はこれから大きな不況がくるのでしょう。

今の株価の戻りはなんでしょうね。株価は実態より期待で動く部分もあるのでやはり米国株は戻る!という期待でしょうか。

にしても株価に関して言えばここ数年が良すぎた、というのがあります。ここ数年の堅調な株価の中で暴落を待ってた人は多いと思います。

この上昇に置いてかれまい、暴落を待つのは機会損失だ。そんな中でろくにキャッシュも持たず株にフルコミットしてた人が今は身動きをとれず株価の回復を眺めているだけ。そんな人が大半ではないでしょうか。

なんにせよ2019年から投資を始めた人も多く、それだけ投資が一般的に普及してきた時にこの暴落なので心が折れた人もいるかもしれません。

私自身も暴落を待ってた節はありますが、いざ来るとそんなにたくさんは買い込めませんでしたね。

日本株も調子がよく、高配当で好業績な日本株の人気も高まっていました。

特にオリックスは高配当、優待、好業績という人気株でしたがコロナショックの影響をモロに受けています。他にも高配当で人気だった商社株はこれから大変でしょう。

今回のコロナの影響で勝ち組企業と負け組企業がはっきり出ました。サラリーマンの方々は勤め先の企業も境地に立たされている人もいるかもしれません。

売り手市場だった新卒採用や転職市場もこれから厳しくなりますし、住宅ローンを抱えている人はボーナス減に苦しむことになることも視野に入れなければなりません。

給与が右肩上がりの時は良いですが、いざ下がりだすと今までの生活を見直さなければなります。しかし、一度上がった生活レベルを戻すのは大変です。

スポンサーリンク

現金比率を守りつつ、ドルコスト平均法でインデックス投資

株価と同じくして債権も下がっており、現金が一番強かったのが今回の暴落です。

現金はリターンも低いし、インフレで価値が下がる、株にしておくのが良い。

っていうのが昨今の考え方でしたが、今回の暴落では現金を持つ大切さを学ばせてもらいました。

何より、収入源である勤め先の企業が危ない、そんな時に保有株は含み損で現金化しにくいという状況は避けなければなりません。

自分の許容できる含み損は自分が思っているより低いものです。

含み益が出てる時は強気でいけるものですが、いざ株価が下がると人の心は脆くもなります。

私は過去にFXや個別株で何度か痛い目をみています。

同じ失敗はしないと思いつつもやってしまうんですよね。

今は証券会社で設定すれば自動で買い付けできる時代です。

株価はみないくらいの精神でやる方が最終的な資産は大きくなるでしょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする