楽天VTIの積み立てから2年経過した様子

半年ペースで運用実績をメモしておこうと思っていましたが、忘れていました。

ちょっと遅れましたが楽天VTI2年経過の様子です。

なんとプラス11%という状況ですね。

ここ2年くらいはあまり調子のよくない米国市場ですが、着実に収益を生み出してくれています。直近数ヶ月だとダウが市場最高値を更新したりと、ちょっと加熱気味なのも気になりますが、日本株に比べると米国株は安心して積立を継続できますね。

楽天VTIの誕生が2017年9月です。

同時期に子供が生まれたので私はすぐにジュニアNISAの口座を開設し、楽天VTIを月3万円ずつ積み立てています。

ジュニアNISAは年間80万円まで投資できますが、18歳まで引き出せないというリスクがあるので限度額まで投資せずに無理ない範囲で投資を継続しています。

18年という期間で米国市場はもっと成長することでしょう。子供が18歳になっても学費等にはあてず子供が独立した時に口座の管理を任せとようと考えています。

本家VTIも好きですが、「手間いらず」「配当金を受け取らず、そこにかかる税金の無駄を排除している」という点では楽天VTIの方が圧倒的に優位になります。

スポンサーリンク

これから始めるならおすすめの投資信託は何か

最近は低信託報酬の商品が増えていますが、良い商品はだいたい同じ内容です。

主に米国株に投資するか、全世界の株式に投資するか、です。

信託報酬も0.1%台で横並びです。

米国集中投資型で言えば、米国全株式かS&P500かになります。

最近のリターンで言えばS&P500の方がリターンは少し高めですね。

候補はSBIバンガードS&P500やeMaxis slim S&P500になるのでしょうか。

米国全株式は楽天VTIになりますが、リターン面や信託報酬面で今はSBIバンガードが選択肢として最適になります。

といっても信託報酬は今後下がる可能性もあり、VTIかS&P500かで言えばリターンは微々たる差なのでそこまで神経質になることはありません。

あとは全世界株式の楽天VTかe-Maxis slim オールカントリーが候補になります。

私はオールカントリーも少額ですが定期購入しています。パフォーマンスはやはり楽天VTIの方がリターンは高いですね。

もちろん将来、新興国が成長する可能性を踏まえれば買う価値が無いとも言い切れません。

どれも続けていれば高いリターンが期待できる商品です。

短期的な株価の乱高下を気にせず淡々と積み立てていくのがベストだと思います。そのために楽天カード決済で投資するのは感情なく投資を継続する優良な手段の一つです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする