長期で保有するなら増配株、成長国のインデックス。

ビットコインが値を戻してきています。

悪魔のような暴落から徐々に価格を回復し、100万円も超えました。

今後もビットコインを投資目的で保有するつもりはありませんが、通貨としての普及は期待しています。

ビットコインがうまく機能すれば為替手数料とか関係なく国を超えて買い物できますからね。

しかし、通貨として普及するには価値が安定することは重要なのですが、今の仮想通貨は投機目的として利用され、価格が安定していないのが残念です。

しかも投機を促すように信用取引の取引所も開設されていて、なかなか本来の目的である通貨としての普及は遠い存在になっています。

ビットコイン積立なる商品もあるようですが、長期で保有するようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

長期保有するなら増配株もしくは成長国のインデックス

ビットコインや少し前に暴落したトルコリラのような新興国通貨、このあたりも投資として注目されています。

ビットコインはピーク時には200万円を超える相場となりました。

最初は1円以下で取引されていたので最初に取引を始めた人は何十倍、何百倍というリターンを得たのでしょう。何人もの人が億の資産を築いたと思います。

ただし、昨年の暴落によりピーク時の半値以下にまで下がり、しかも法整備が追いついていないため、得た利益は雑所得となり、税金の支払いで地獄を見た人も多いようです。

仮想通貨は金利のリターンがあるわけでもなく、暴落して保有していたところで何も価値を生み出さないので投資目的で長期で保有するものではないと私は思います。

また、トルコリラのような高金利通貨はFXでスワップ目的とした投資で注目があります。

FXはレバレッジが効かせられるので少額の証拠金で多額の金額を動かせるので投資を始めたばかりの人には入りやすいです。

1日100円以上スワップが入るFX業者もあり、トルコリラの現在の価値は20円前後なので5万円あればレバレッジを抑えながらも、年間リターン20%以上を狙える投資でもあります。

ただ、やはりリターン以上にトルコリラという通貨の信用度が問題です。

金利が高いというのはそれだけ信用が低いことを示します。

ソーシャルレンディングでもそうですが、目先の金利の高さに飛びつくのは危険ですね。それで失敗した例は近年ニュースにもなりましたが。

少額でやるにはFXや仮想通貨もありだとは思いますが、淡々と積み上げていく軸となる投資先は米国のS&P500に連動したVOOや、世界分散したVTのようなETFをメインにしたインデックス投資だと私は思います。

もちろんリスクはありますが、分散してリスクを抑えることも可能ですし、たとえ暴落しても配当金が支払われるため、無価値になることはありません。

個別株でも良いですが、シンプルにETFだけでも十分です。

ETFも分配金の増配があるので保有しているだけで値上がりも期待でき、配当も狙うことができます。

成長株への投資もありですが、未来永劫成長する投資先を見つけるのは極めて困難です。

投資先企業がダメだと判断した時に損切りできるメンタルがあるならそういった投資もありなのでしょうが。

給料の何割かをETFに入金するだけです。最近、大手ネット証券3社が外国株の少額取引の手数料を下げました。

なので何も考えずに給料が入ったら入金するという投資が今もっとも熱い投資なのでしょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする