久しぶりに買った日本株、三井物産、オリックス

風邪を拗らせました。

子供が保育園に通うようになった今、人生で今までにないくらいの頻度で風邪をひいています。

健康は第一だとつくづく実感する毎日ですね、仕事もいまいち捗らない、仕事から帰っても寝るしかないという状況で時間を有効に使えていないという状況が辛いです。

金持ちは健康に投資すると言われますが、その通りですね。体が資本であり、時間を有意義に使うためにも健康な体があってこそです。

お金に働かせて食べていけるようになるまでは自分で働かなければなりません。そのためには健康第一です。

先日はVTIとVYMを多めに買いましたが、買った時期がよかったので6月はそのままS&P500が高値を更新してくれました。

6月初旬にVTIを$142で買えたのは強運だったと思います。毎年高値を更新するS&P500ですが、良い感じに利益がのっているところに買い増しして購入単価が上がるのは気が引けますよね。

購入のタイミングは難しいです。私が最初にVTIを買った頃は$120代でしたが、今は$150前後まできました。

高値圏にあるから買いにくいと思っているとズルズルとチャンスを逃すことになります。

思い切ってまとまった金額で買うのも良いですし、毎月定期購入するのも良いでしょう。

今後どうなるかもわかりませんし、タイミング投資とドルコスト平均法でそこまで差がつくとは思っていません。

スポンサーリンク

久しぶりの日本株、三井物産、オリックス

S&P500は好調ですが、日本株がいまいちという状況ですので割安感が漂う銘柄をピックアップして100株ずつ買ってみました。

三井物産は安定商社で配当利回りも4%超えです。

三菱商事と悩みましたが、今回は三井物産にしました。特に理由はありません。勘です。

1600円代で買えたので含み益ものっていて、業績も配当も良いので今後も買い増ししても良いと思える銘柄ですね。

今後の値上がりも期待できそうです。

オリックスは人気の割に株価がパッとしない銘柄です。

配当利回りも4%以上あり、優待もあります。業績も良いのでもっと株価が上がっても良いようか感じがします。

他にも投資候補はありました。

JTが最安値を更新する中で配当利回りが6%を超えるという状況になっています。

高配当で優待も充実しているので人気銘柄になっている割に株価はパッとしませんね。

まだまだ下がると思うと手が出せません。

そういえばRIZAPから優待が届いていました。

昨年なんとなく応募したPOが当たって放置していたら悲惨なことになった株です。ポートフェリオの汚点の一つでしょうか(笑)

100株1600円くらいで当たって増資で200株になっていますが、含み損は半端ないですね。業績的に配当も優待もなくなると思っていましたが続けるようです。

健康を促進する会社であるはずのRIZAPですが、割とストレスのタネになっているのは残念ですね。

インデックス投資を投資の中心にしてから含み損を抱えることが(ほぼ)なくなったので、どうしても含み損の株をみると切ってしまいたくなります。

やはり個別株はインデックス投資と比べるとリスクは高いです。

今後も投資の中心はETFや投資信託で続けるつもりです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする