アベノミクスの誤算は日本人の金融リテラシーの低さ

新しい元号も決まり、平成が終わろうとしています。

システムエンジニアである私は改元のシステム対応に追われる日々です。

無事改元の対応が終わったとして、何事もなくシステムが動いてくれるのか、震えおののく日々ですね。

平成も終わろうとしていて、働き方改革で残業規制や有給義務化といった新しい時代を迎えようとしていますが、まだまだ昭和脳なサラリーマンは多いですね。

あらゆる方法を使って残業して上司にアピールしないと評価が下がるのがジャパニーズサラリーマンです。

金融知識などあるはずもなく、会社の持株会に資産全振りしたり、年金保険や財形貯蓄といった古い商品に依存しています。

今は保険より株の方が資産築けるんじゃ?と薄々思っている人も出てきているようですが、景気は後退局面に入っています。

スポンサーリンク

アベノミクスの誤算は日本人の金融リテラシーの低さ

自民党が政権を取り戻した当時の日経平均は8000円代です。

今は2万円超えなのでアベノミクス開始時に投資していた人は資産が倍以上になっています。

でも実際はアベノミクスの恩恵を受けて資産が倍以上になった人は一握りです。

「景気が回復している実感がない」という人が大多数いるという調査結果がそれを示していますね。

そもそも私もアベノミクス開始当初は社会人になって間もないのでまだ株取引は始めていませんでした。

そもそも当時はETFもメジャーな金融商品ではなかったので「アベノミクスだ!金融緩和だ!」と政府がいったところで

「よし、TOPIX連動のETF買おう!」ってなる人がどのくらいいたのでしょうか。

少なくとも私は「ETF?」、「投信?」、「株ってギャンブルでしょ?」くらいの知識でしたね。当時は投資資金もありませんでした。

今はETFがある程度メジャーな商品となり、優良な投信も増え、投資する環境としてはNISAやiDeCoと豊富にあります。

金融緩和を開始する前に

「みんな、日経連動の投信やETFを買いなさい。少なくとも日経平均に組み入れられている企業の株を買いなさい」

って感じで音頭をかけてちょっと待ってくれればよかったのですが。

証券会社の口座もない人が多い中でいきなりアベノミクスだ金融緩和だと言われてもその話について行けてる人は少なかったのだと思います。

何よりも金融緩和の話についていけた人ってそもそも裕福な人だったんじゃないでしょうか。

そんな中、アベノミクスは失敗だとささやかれています。

多くの人がまたとない投資のチャンスに乗り遅れたからです。

これから景気は後退局面に入るのでしょう。

今から買って日経連動の商品を買って上手くいくかは微妙なところですね。

貧困に苦しむ人ほど税金や金融知識がないと言われています。

裕福な人ほど税や金融商品に詳しくて、金持ちはどんどん金持ちになり、貧乏は一生貧乏なままです。

米国株や先進国系の投信やETFなら今からでも遅くはありません

アベノミクスのまたとない投資のチャンスに乗り遅れて絶望している人は今から投資しても遅くない商品があります。

米国株や先進国株のETFや投資信託です。

人気なのは先進国の投信ですね。

ただ米国1本の方がリターンは高いです。

8年ほど上がり続けた日経平均ですが、今後も上がるかどうかはわかりません。

一方でダウははるか昔から上昇相場を描いているという実績があります。

今から始めるなら米国株をドルコスト平均法でコツコツ積み立てていくのが間違いありません。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする