家も墓もいらない。子供に残す資産はジュニアNISAで運用

投資はゆっくりお金持ちになる手段であり、短期的には全然儲かりません。

30年とか先を見据えて続けていくことで将来大きな恩恵を受けられます。

でも30年後ってそれなりの歳になっていますよね。

30歳から投資を始めたとして30年後は60歳です。

60歳の初老が一億とか持ってても何に使うんでしょう。

カーネルサンダースは60歳を過ぎてから現在のケンタッキーのフランチャイズビジネスに成功させたという話はありますが。

しかし、一発で成功させたのではなく、成功と失敗を重ねての成功になります。

そんな例外的な人を覗くと多くの人はサラリーマンを淡々と続けて60歳を迎えるのでしょう。

正直、年取ってから億とかの資産を持っていてもなーと思います。

それで億の資産を残して死んで相続で揉めたり相続税をたくさんとられたり。

ボロ家を残したり、墓の手入れが手間だったり。

残された子供世代のことを考えると子供名義の金融資産を作るのが良い気がしました。

ジュニアNISAは0歳から口座開設でき、18年間で最大400万円分が非課税で投資できます。

歳取ってからはお金はいりません。必要なのは若い時だけです。

ですが、将来の不安を考えて子供が自己投資せずに節約に走ってしまうのはなんだかもったいないですね。

お金はツールであり、使わなければその効果を発揮することはできません。

人はいつか死ぬんですから1億とかためて死んでも意味がありません。

私も自分ではまだ若いと思っているのであまりストイックに節約し過ぎず何かしらの自己投資は続けていこうと思います。

ただ、家とか車とかは消費ですね。

お金を払って満足感を得られるものにはお金を使うべきではないのでしょう。

自己投資って難しいですが、ドラクエで考えるとわかりやすいかもしれません。

現段階で自分のレベルで倒せる敵を倒しながらお金と経験値を得て、ためたお金でより強い武器を買ってより強い敵に挑む。

そうするとお金と経験値がより効率的に取得できるという仕組みです。

弱い敵ばかり倒していては効率も悪いです。

人生はドラクエほど単純ではありませんが、自己投資とはなんなのかを考えてお金を使うべきです。

そうすればカーネルサンダースのように60過ぎてから開花することもあるのでしょうか。

なんだか何が言いたいのかわからない話になってしまいましたが、ジュニアNISAは便利なので活用した方が良いですよ、という話です。

楽天VTIを月3万円で積み立てています。ロールオーバーを使いながら11年で最大非課税枠の400万円にするのが目標です。

0歳から投資を初めて60年とかたったらどうなるのか楽しみですね。その時には自分は生きていませんが、資産を何世代にも渡って築いていくのも一つの手です。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。