米国株購入時の為替コストを削減する

住信SBIネット銀行で外貨預金の為替コスト0円キャンペーン実施中

米国株購入時は円での購入もできますが、米ドルで購入する方がコストが安くなります。

SBI証券では住信SBIネット銀行の外貨預金口座から米ドルを証券口座に持ってくる方法や、SBI FXαの米ドルポジションを証券口座に持ってくることもできます。

個人的におすすめなのは住信SBIネット銀行で定期的に実施される為替コスト0円キャンペーンを利用する方法です。

平常時であればFX口座からのドル購入が一番低コストですが、1万ドルからの交換になるのでまとまったお金がない時にはなかなか実行できません。

SBI証券は普段から為替コストは安いですが、長期的に購入し続けることを考えるとコストを少なくすることに越したことはありませんね。

そもそもそこまで為替コストにこだわる必要はないのではという意見もあるのでしょう。

ドルコスト平均法の考えでは、長期で定期的に購入するのであればいつ購入しても対して変わらないのです。

そもそもドル円相場は長期で見ればレンジですのでそこまで為替相場に慎重になる必要もないとも思われます。

最後は自分の信じる道を進むしかないのでしょうか。

私は為替コストが減るならそれはそれでお得感があるので、ドル購入時はできるだけコストを減らします。

とは言っては最近は投資信託が充実してきたので、そもそも米国ETFを買う必要もなくなってきました。なのでわざわざドルを購入する必要もなくなってきています。

S&P500に投資するのであれば米国ETFを買わなくても日本の投資信託商品を買うことができます。もちろん日本円で購入でき、信託報酬も0.1%台にまで下がっています。

以前まではそもそもS&P500をベンチマークとした商品自体が少なく、あったとしても信託報酬が高めでした。

そのころから米国ETFを買っている人からすれば今は良い時代になったと思います。

もちろん米国ETFで買うメリットもあるのでしょうが、手間を考えると今は投資信託の方が良いのかもしれません。

ドル預金から引き落とされるクレジットカードやデビットカードが登場すれば良いのになーと思う今日この頃です。

今、米国株を買うためにドルにしている資産もいつか使う時には日本円に戻す必要があるのでしょうが、今後米ドル決済が日本で普及することを願うばかりです。

いっそ海外に移住するのも手ですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。